DSpace 久留米大学
日本語
 

Kurume University Institutional Repository >
紀要論文 >
文学部 >
久留米大学文学部紀要. 社会福祉学科編 >
第6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11316/695

Title: 福祉学生の対象者別イメージ比較 -ホームレスと精神障害者イメージから-
Other Titles: Comparison of each obiect person's image : The axis of Hornless form image
Authors: 占部, 尊士
大西, 良
辻丸, 秀策
福山, 裕夫
Urabe, Takashi
Onishi, Ryo
Tsujimaru, Shusaku
Fukuyama, Hiroo
Keywords: 福祉学生
イメージ分析
福祉教育
Issue Date: 31-Mar-2006
Publisher: 久留米大学文学部
Abstract: 本研究の目的は、福祉を学ぶ学生の対象者別(ホームレス,精神障害者)イメージについて調査し,その比較によってホームレス支援の担い手である学生の実態を把握することであった.調査の結果,以下のことが明らかとなった.(1)ホームレスイメージのほうが,精神障害者イメージに比べて否定的であった.(2)性別による平均値の違いでは,男性に比べて女性で平均値が高くなっており,女性で否定的なイメージとなっていた.(3)学年別の平均値の差をみると,学年が上がるにつれて平均値は低下しており,1年生に比べて3年生で肯定的なイメージとなっていた.(4)ホームレス支援へ希望が強い学生のほうが,肯定的なイメージを抱いていること.(5)ホームレスイメージも精神障害者イメージもともに多様であったが,双方に共通するイメージとして「縁遠さ」「活動性」「近寄り難さ」の3因子があげられた.このような結果から,学生と対象者(ホームレス,精神障害者)とを隔てているものに,対象者との関係性の希薄さ,情報の少なさが原因となっていることが示唆された.
URI: http://hdl.handle.net/11316/695
Appears in Collections:第6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
syafuku6_107-114.pdf588.09 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback