DSpace 久留米大学
日本語
 

Kurume University Institutional Repository >
紀要論文 >
文学部 >
久留米大学文学部紀要. 社会福祉学科編 >
第6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11316/693

Title: 消防隊員のメンタルヘルスについての実態調査報告
Other Titles: A report on actual conditions of mental health for firefighters
Authors: 大岡, 由佳
辻丸, 秀策
大西, 良
福山, 裕夫
矢島, 潤平
前田, 正治
Ooka, Yuka
Tsujimaru, Shusaku
Onishi, Ryo
Fukuyama, Hiroo
Yajima, Jumpei
Maeda, Masaharu
Keywords: firefighters
PTSD
mental health
care system
Issue Date: 31-Mar-2006
Publisher: 久留米大学文学部
Abstract: 10年前の阪神淡路大震災を契機に,本邦においても消防隊員の惨事ストレスによるメンタルヘルスの悪化が論じられるようになってきた.実際,自然災害や火事などが頻発する中で,消防隊員の活躍は目覚ましいものがあるが,一方で,消防隊員の責任や負担は増大しており一般成人と比較して特異なストレス状況下にある.それにも関わらず,本邦では,消防隊員のメンタルヘルスに焦点を当てるようになったのは近年のことであり,消防隊員の全体像を把握し,対策を講じていくには確固とした調査報告が示されていない現状にある.本論文では,消防隊員のメンタルヘルスの全体像を把揺すべく,惨事ストレスを中心に調査を実施した.対象は,A市481名の現役消防隊員で,回答してもらった質問紙に関しては,多角的に統計処理し結果検討を加えた.その結果,消防隊員は,多くの者が職務に従事する中でストレスを感じており,35%の心身の不調と,12.2%のPTSD症状を呈する者が見受けられた.消防隊員の8割が精神的ケアを必要と考えていることからも,消防局はその地域に根ざした惨事ストレス対策を講じていく必要があることが明らかとなった.
URI: http://hdl.handle.net/11316/693
Appears in Collections:第6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
syafuku6_85-95.pdf926.66 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback