DSpace 久留米大学
日本語
 

Kurume University Institutional Repository >
紀要論文 >
文学部 >
久留米大学文学部紀要. 社会福祉学科編 >
第6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11316/691

Title: 精神保健福祉現場実習における自己イメージの構造とその影響要因
Other Titles: The structure of self-image and that influence factor on psychiatry social worker training
Authors: 大西, 良
辻丸, 秀策
大岡, 由佳
鋤田, みすず
福山, 裕夫
Onishi, Ryo
Tsujimaru, Shusaku
Ooka, Yuka
Sukita, Misuzu
Fukuyama, Hiroo
Keywords: 精神保健福祉現場実習
自己イメージ
実習ストレス
Issue Date: 31-Mar-2006
Publisher: 久留米大学文学部
Abstract: 本研究の目的は,精神保健福祉現場実習における学生の自己イメージ構造とその変化,さらに自己イメージ形成に影響を与える要因を明らかにすることであった.結果は以下の通りである.実習前の自己イメージとして「社交性」「魅力的」「繊細さ」の3因子が抽出され,実習後では「自主性」「誠実性」「積極性」の3因子が得られた.実習後の3因子は先行研究の精神科医療従事者の自己イメージと酷似しており,学生が実習を経験することで精神科医療従事者の自己理解へと接近していることが明らかとなった.また,ボランティア経験と実習前の「社交性」因子,実習後の「自主性」「誠実性」因子との間で有意な関連性がみられ,ボランティア経験の有無が自己イメージの形成要因になっていることが明らかになった.さらに,教員や友人のサポートが,「自主性」の形成の肯定的要因になっている一方で,有害ストレスが自己イメージの形成の否定的要因であることが明らかとなった.
URI: http://hdl.handle.net/11316/691
Appears in Collections:第6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
syafuku6_67-75.pdf574.82 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback