DSpace 久留米大学
日本語
 

Kurume University Institutional Repository >
紀要論文 >
比較文化研究所 >
比較文化研究 >
第51号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11316/632

Title: カイロ大学(エジプト)文学部日本語日本語文学科の現状-国際交流基金・日本研究機関支援プログラム(客員教授派遣)報告-
Other Titles: The present system of the Department of the Japanese Language and Literature, Cairo University - The report of the Japanese research institution support program of The Japan Foundation -
Authors: 浦田, 義和
Urata, Yoshikazu
ウラタ, ヨシカズ
Keywords: Faculties & Institutes
staff
curriculum
agreement
equipment
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 久留米大学比較文化研究所
Abstract: キリスト教とカトリックとプロテスタントに分けた場合、世界最大の宗教人口を擁するのはイスラム教であるが、そのイスラム文化圏についての研究や交流は、特に日本において立ち遅れている。筆者は2007年と2008年のエジプト大学への派遣に続いて、今回、国際交流基金からエジプト・カイロ大学に派遣されたので、この機会にカイロ大学日本語日本語文学科の現状をレポートする。
URI: http://hdl.handle.net/11316/632
Appears in Collections:第51号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
hibun51_39-47.pdf516.79 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback