DSpace 久留米大学
日本語
 

Kurume University Institutional Repository >
紀要論文 >
心理学研究科 >
久留米大学心理学研究 >
第08号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11316/569

Title: 系列化課題を用いた認知発達プロセスに関する研究レビュー(展望)
Other Titles: A review of studies on cognitive development using seriation tasks
Authors: 園田, 直子
Sonoda, Naoko
ソノダ, ナオコ
Keywords: 認知発達
系列化
推移律
可逆性
Issue Date: 31-Mar-2009
Publisher: 久留米大学大学院心理学研究科
Abstract: 本研究の目的は, 第一にピアジェが認知発達プロセスを解明する為に創出した課題の中での代表的な課題である系列化課題に焦点を定め, その系列課題解決に必要な認知操作の発達的変化を追求していく中で, どのようのことが研究されてきているか, また研究者間でのアプローチにどのような差異がみられるかについての研究レビューを行うことである。第二の目的は, その研究レビューを踏まえて, ピアジェが主張した「真の意味での認知操作の発達」, その中でもあるステージからあるステージへと認知構造が向上していく過程は, どのような位相を辿っていくか, その詳細な変化過程を明らかにすることの重要性を指摘することである。
URI: http://hdl.handle.net/11316/569
Appears in Collections:第08号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
shinri8_117-139.pdf1.2 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback