DSpace 久留米大学
日本語
 

Kurume University Institutional Repository >
紀要論文 >
心理学研究科 >
久留米大学心理学研究 >
第08号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11316/565

Title: 場面の違いにおける友人に対する怒りの表出行動のズレと精神的健康および満足感に関する研究
Other Titles: Effects of gaps in anger expression toward friends on satisfaction and mental health
Authors: 浦井, 彩
山本, 眞利子
Urai, Aya
Yamamoto, Mariko
ウライ, アヤ
ヤマモト, マリコ
Keywords: 怒りの表出行動
精神的健康
満足感
友人関係
Issue Date: 31-Mar-2009
Publisher: 久留米大学大学院心理学研究科
Abstract: 研究1では, 大学生を対象とした怒り表出行動尺度を作成した。研究2では, 友人に対して私的場面・公的場面のそれぞれにおいて怒りを感じた際に, とりたい行動の程度と実際にとる表出行動の程度の差(ズレ) の高群と低群を抽出し, これらを組み合わせて, HH群(私的ズレ高・公的ズレ高),HL群(私的ズレ高・公的ズレ低), LH群(私的ズレ低・公的ズレ高), LL群(私的ズレ低・公的ズレ低) の4群にわけ, 生活満足感得点, 対人的疎外感得点, SDS得点を比較した。また, 言語的表出, 非言語的表出という表出の違いにおいても検討を行った。その結果, 対人疎外感得点, SDS得点が他の3群よりHH群が有意に高かった。また, 生活満足感得点では, 友人関係満足感得点において他の3群よりLL群が有意に高かった。
URI: http://hdl.handle.net/11316/565
Appears in Collections:第08号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
shinri8_85-93.pdf259.46 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback